用語解説(Glossary)

※本稿では、これまで書評で取り上げた詩集に登場する用語——とくに詩作のうちで印象深いにもかかわらず、あまり一般には知られていないと思われる用語について紹介してゆきます(編集部)

■ □ □


香箱座り(こうばこずわり)
Catloaf, or a cat sitting pose resembling a rectangular incense box
猫が四角い「香箱」のような形で座っている様子を指す。香箱とは長方形の箱で、香料を入れる容器のこと。

「猫と歩道橋」に登場(詩集『三日月をけずる』所収)



撓む(たわむ)
Bend
まがること。弓状にまがること。

「かしゃり」に登場(詩集『そして彼女はいった――風が邪魔した。』所収)



白皙(はくせき)
Fair-skinned
肌の色が白いこと。とくに顔が白いこと。皙面ともいう。

「銘度利加」に登場(詩集『銘度利加』所収)



抽斗(ひきだし)
Drawer
「引き出し」とも書く。机などの家具の四角い構造物で、中に物をしまっておけるもの。

「黒い舟」に登場(詩集『パリンプセスト』所収)


最終更新日:2019年2月12日