『三田文學』136号 特集「現代詩の明日へ」

――私のための詩をさがそう、届けられることのない明日のために。

□ ■ □

続きを読む 『三田文學』136号 特集「現代詩の明日へ」

書評イレギュラーズ:朗読公演『Fushigi N°5の居留守』

――二〇一九年、詩人はどこにいるのか
(さっきそこを通りましたよ? 後ろ姿だけですけどね)

□ □ □

続きを読む 書評イレギュラーズ:朗読公演『Fushigi N°5の居留守』

森水陽一郎『月影という名の』

――ふたりの冷たい手を合わせよ、不可能なとむらいのために。

◇ ◇ ◇

続きを読む 森水陽一郎『月影という名の』

TOLTA『この宇宙以外の場所』

――矩形の箱に忘れられたもの、もう捨ててもいいですか?

◇ ◇ ◇

続きを読む TOLTA『この宇宙以外の場所』