記事総索引

シーズン1(2018年8月1日〜現在)

0001 草野理恵子 『パリンプセスト』
0002 舟橋空兎 『羊水の中のコスモロジー』
0003 鹿又夏実 『リフレイン』

0004 みやうちふみこ 『カバの本籍』
0005 奥主榮 『日本はいま戦争をしている』
0006 勝嶋啓太 『カツシマの《シマ》はやまへんにとりの《嶋》です』
0007 井上瑞貴 『星々の冷却』
0008 長谷川忍 『女坂まで』

0009 大山元 『記憶の埋葬』
0010 葉山美玖 『スパイラル』
0011 宮尾節子 『明日戦争がはじまる』
0012a アルビン・パン『かたちづくる名前たち』前編
0012b アルビン・パン『かたちづくる名前たち』後編

0013 橋本シオン 『ep.』
0014 原田もも代 『御馳走一皿』
0015 横山黒鍵 『そして彼女はいった――風が邪魔した。』
0016 黒崎立体『tempo giusto』
0017 青山晴江『ろうそくの方程式』

0018 花潜幸 『初めの頃であれば』
0019 颯木あやこ『七番目の鉱石』
0020 松井ひろか『デラ・ロッビア・ブルーの屋根』
ex001 【番外編】詩誌『侃侃』(2018年-30号)
0021 北川清仁『冴』

ex002 【広報】「現代詩 闘うことばの祭典」宮城県詩人会 詩祭 2018 + 佐々木貴子
0022 山本光一『命なりけり もえの和菓子アルバム』
ex003 【番外編】詩誌『水盤』(2018年-19号)
0023 為平澪『割れたトマト』
0024 カニエ・ナハ『馬引く男』

0025 海老名絢『ひかりがやわい』
ex004 【番外編】BBC ラジオ番組 “Atmosfears”(詩人たちと樹海)
0026 金時鐘『背中の地図』
0027 梁川梨里『ひつじの箱』
0028 森水陽一郎『九月十九日』

ex005 詩誌『季刊ココア共和国 Vol.20』
ex006 詩誌『Rurikarakusa 9号』
ex007 詩誌『ファントム 3号』
0029 佐々木貴子『嘘の天ぷら』

0030 西岡寿美子『シバテンのいた村』
0031 吉田義昭『結晶体』
0032 橋本シオン『これがわたしのふつうです』
ex008 【番外編】草野原々『最後にして最初のアイドル』

0033 多和田葉子『シュタイネ』
0034 野崎有以『長崎まで』
0035 三角みづ紀『舵を弾く』
0036 市川つた『月の罠』
ex009 【番外編】葉山美玖『籠の鳥』

0037 麻生有里『ちょうどいい猫』
0038 大崎清夏『指差すことができない』
0039 犬飼愛生『stork mark』
0040 川上未映子『水瓶』

0041 若松英輔『見えない涙』
0042 十田撓子『銘度利加』
0043 草野理恵子『黄色い木馬/レタス』
0044 川上未映子『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』
ex010 書評イレギュラーズ:紅玉いづき『現代詩人探偵』

0045 服部誕『右から二番目のキャベツ』
0046 田中裕子『カナリア屋』
0047 大城さよみ『死の蔭にて』
0048 佐峰存『対岸へと』
0049 大崎清夏『新しい住みか』

0050 岩崎航『点滴ポール 生き抜くという旗印』
0051 和合亮一『詩の礫 起承転転』
0052 熊谷直樹&勝嶋啓太『妖怪図鑑』
0053 岡田ユアン『水天のうつろい』
ex011 書評イレギュラーズ:榎屋克優『ミツコの詩』

0054 田中さとみ『ひとりごとの翁』
0055 カニエ・ナハ『用意された食卓』
0056 岡本啓『グラフィティ』
0057 後藤大祐『誰もいない闘技場にベルが鳴る』
0058 為平澪『盲目』