髙木敏次『傍らの男』(H氏賞受賞詩集)

――沈黙そのものに限りなく近い旅路。

◇ ■ ◇

続きを読む 髙木敏次『傍らの男』(H氏賞受賞詩集)

田原『石の記憶』(H氏賞受賞詩集)

――夢を刻む、石を拾う。そしてあらわれた水に投じる。

◇ ■ ◇

続きを読む 田原『石の記憶』(H氏賞受賞詩集)

岡本啓『グラフィティ』

――アメリカを、すがすがしく、わすれる。

◇ ◇ ◇

続きを読む 岡本啓『グラフィティ』

十田撓子『銘度利加』(H氏賞受賞詩集)

——わすれ、思いだす。そしてまた、わすれる。

◇ ◇ ◇

続きを読む 十田撓子『銘度利加』(H氏賞受賞詩集)