永澤康太『誰もいない』

――ぼんやりとうたう、短命な夜の食堂で。

□ □ ■

続きを読む 永澤康太『誰もいない』