髙木敏次『傍らの男』(H氏賞受賞詩集)

――沈黙そのものに限りなく近い旅路。

◇ ■ ◇

続きを読む 髙木敏次『傍らの男』(H氏賞受賞詩集)

亜久津歩『いのちづな』

――なんにもないし、まあ、とりあえず、生きよっか。

◇ ◇ ◇

続きを読む 亜久津歩『いのちづな』