海埜今日子『季碑』

——喪失についてかたろう、口をうしなって、日だまりのなかで。

■ □ □

続きを読む 海埜今日子『季碑』

森水陽一郎『月影という名の』

――ふたりの冷たい手を合わせよ、不可能なとむらいのために。

◇ ◇ ◇

続きを読む 森水陽一郎『月影という名の』

中堂けいこ『ニューシーズンズ』

――たわんだ籠のうちから、季節たちがめぐるのを知る。

◇ ◇ ◇

続きを読む 中堂けいこ『ニューシーズンズ』

暁方ミセイ『ブルーサンダー』

――わたしたちをよせつけない青をもとめて。

◇ ◇ ◇

続きを読む 暁方ミセイ『ブルーサンダー』