海埜今日子『季碑』

——喪失についてかたろう、口をうしなって、日だまりのなかで。

■ □ □

続きを読む 海埜今日子『季碑』