冬期休暇のお知らせ

詩と書評のサイト《千日詩路》サウザント・ポエジーは、2018年12月17日(月)より2019年1月4日(金)までの間、冬期休暇を頂きます。その間にはサイトがメンテナンス等のため不安定になる可能性がありますが、一両日中には復旧しますので、日にちをずらしてご来訪ください。

短文の更新情報等、当サイト広報用ツイッターもぜひご活用くださいませ。
https://twitter.com/thousand_poesy

皆様のお手元にかけがえのない一冊があることを願いつつ、これにてお別れの挨拶とさせていただきます。良い年末年始をお過ごしください。

《千日詩路》編集主幹
根本正午

カニエ・ナハ『なりたての寡婦』

――うしなうこともうしなって、未だに生きる声をみる。

◇ ◇ ◇

続きを読む カニエ・ナハ『なりたての寡婦』

高島りみこ『海を飼う』(福田正夫賞受賞詩集)

――升目のかたちに穴をあけて、かなしみがたまるのをまつ。

◇ ◇ ◇

続きを読む 高島りみこ『海を飼う』(福田正夫賞受賞詩集)

河野聡子『地上で起きた出来事はぜんぶここからみている』

――ききたいことがなくなって、かたむいたまま見ています。

◇ ◇ ◇

続きを読む 河野聡子『地上で起きた出来事はぜんぶここからみている』

詩誌『buoy』創刊号

――わたしたちの生きる昨日の時代、その海にうかぶ箱について。

◇ ◇ ◇

続きを読む 詩誌『buoy』創刊号