尾久守侑『国境とJK』

――詩はおもしろいかって? たぶん。

◇ ◇ ◇

続きを読む 尾久守侑『国境とJK』

采目つるぎ 詩誌『…poison berry』(Vol.0,1,2,3)

――かたってよ、つたわらぬことを。

◇ ◇ ◇

続きを読む 采目つるぎ 詩誌『…poison berry』(Vol.0,1,2,3)

為平澪『盲目』

――眼がみえないので、誰も暴力をふるわなかったよ?

◇ ◇ ◇

続きを読む 為平澪『盲目』

後藤大祐『誰もいない闘技場にベルが鳴る』

――生きることは、得なの、損なの?

◇ ◇ ◇

続きを読む 後藤大祐『誰もいない闘技場にベルが鳴る』

岡本啓『グラフィティ』

――アメリカを、すがすがしく、わすれる。

◇ ◇ ◇

続きを読む 岡本啓『グラフィティ』

カニエ・ナハ『用意された食卓』

――さあ、わたしたちのあたらしい食卓へかえろう。

◇ ◇ ◇

続きを読む カニエ・ナハ『用意された食卓』

田中さとみ『ひとりごとの翁』

――仮面をとれば、わたしたちはどこにもいない。

◇ ◇ ◇

続きを読む 田中さとみ『ひとりごとの翁』

書評イレギュラーズ:榎屋克優『ミツコの詩』

――読者? それはなんですか?(ある詩人のつぶやき)

◇ ◇ ◇

続きを読む 書評イレギュラーズ:榎屋克優『ミツコの詩』

岡田ユアン『水天のうつろい』

——生きている、そのなかに《あのひと》をみる。

◇ ◇ ◇

続きを読む 岡田ユアン『水天のうつろい』