詩誌『権力の犬 第七号 戦争篇』

――ばらばらに引き裂かれた欲望だって? さあ、戦争だ!

◇ ◇ ◇

続きを読む 詩誌『権力の犬 第七号 戦争篇』

詩誌『早稲田詩人 Vol. 39』

――割れる卵と割れない卵、生まれたい赤子がいるのはどちら?

◇ ◇ ◇

続きを読む 詩誌『早稲田詩人 Vol. 39』

亜久津歩『いのちづな』

――なんにもないし、まあ、とりあえず、生きよっか。

◇ ◇ ◇

続きを読む 亜久津歩『いのちづな』

カニエ・ナハ『なりたての寡婦』

――うしなうこともうしなって、未だに生きる声をみる。

◇ ◇ ◇

続きを読む カニエ・ナハ『なりたての寡婦』

高島りみこ『海を飼う』(福田正夫賞受賞詩集)

――升目のかたちに穴をあけて、かなしみがたまるのをまつ。

◇ ◇ ◇

続きを読む 高島りみこ『海を飼う』(福田正夫賞受賞詩集)