髙木敏次『傍らの男』(H氏賞受賞詩集)

――沈黙そのものに限りなく近い旅路。

◇ ■ ◇

続きを読む 髙木敏次『傍らの男』(H氏賞受賞詩集)

田原『石の記憶』(H氏賞受賞詩集)

――夢を刻む、石を拾う。そしてあらわれた水に投じる。

◇ ■ ◇

続きを読む 田原『石の記憶』(H氏賞受賞詩集)

松井ひろか『若い戦果』

――しずかに花の咲く庭のそば、夏を煮詰めてジャムをつくろう。

■ □ ■

続きを読む 松井ひろか『若い戦果』

永澤康太『誰もいない』

――ぼんやりとうたう、短命な夜の食堂で。

□ □ ■

続きを読む 永澤康太『誰もいない』

服部誕『三日月をけずる』

――破られた紙のむこう、倒れた高架の陰の下。
ほら、ころがっていますよ? 詩の生首が。

■ ■ ■

続きを読む 服部誕『三日月をけずる』