髙木敏次『傍らの男』(H氏賞受賞詩集)

――沈黙そのものに限りなく近い旅路。

◇ ■ ◇

続きを読む 髙木敏次『傍らの男』(H氏賞受賞詩集)

田原『石の記憶』(H氏賞受賞詩集)

――夢を刻む、石を拾う。そしてあらわれた水に投じる。

◇ ■ ◇

続きを読む 田原『石の記憶』(H氏賞受賞詩集)

献本受け付け停止のお知らせ

詩と書評のサイト《千日詩路》サウザント・ポエジーは、2019年3月31日をもって、これまで作者の皆様から直接または間接的に無償にて提供していただいていた詩書の受け付けを停止します。これまで詩書を提供してくださった作者の皆様にこころから感謝します。ありがとうございました。

根本正午
《千日詩路》編集主幹

■ □ ■

続きを読む 献本受け付け停止のお知らせ

松井ひろか『若い戦果』

――しずかに花の咲く庭のそば、夏を煮詰めてジャムをつくろう。

■ □ ■

続きを読む 松井ひろか『若い戦果』

永澤康太『誰もいない』

――ぼんやりとうたう、短命な夜の食堂で。

□ □ ■

続きを読む 永澤康太『誰もいない』